投資を始めたきっかけはロボアドバイザー(THEO+docomo)

投資
投資

私が投資を始めたのはTHEO(テオ)というロボアドバイザーサービスがきっかけでした。

ある日ネットの「THEO+docomoでおまかせ資産運用」という広告が目に入り、今までなんとなく投資は自分とは縁遠いものだと感じていたのですが、「おまかせ資産運用」という言葉に少し興味を持ちました。

そこで、THEO+docomoについて調べていくことにしました。

今までなら投資に興味が無かった私には「THEO」という聞きなれない名前を見ても胡散臭い、と感じて調べることもしなかったと思います。

そこに「docomo」という名の知れた大企業の看板がついた事で少し警戒心が薄れました。

THEO+docomoについて調べてみると概要は以下のようなものでした。

  • 1万円から開始できる。
  • 年齢などから最適な資産運用をAIが自動的に設定してくれるらしい。
  • 手数料が業界最低水準らしい。

正直この時は「AIがなんかいい感じに資産運用してくれるらしい」ぐらいの認識しかありませんでした。

1万円から開始できるということやdocomoの看板がついている事で「docomoが後ろ盾になっているのに詐欺ってことは無いだろう。もしかしたら資産が増えるかもしれないし、失っても1万円程度なら勉強量と思えば良いか」という漠然とした感覚のままTHEO+docomoを利用することに決めました。

早速口座開設を進めましたが意外と簡単で、お客様情報を入力して本人確認書類をスマホで撮影してアップロードするとwebでの手続きは終了でした。

後日登録した住所に書き留めでハガキが届き、翌日には口座開設完了のメールが送られてきました。

早速開設した口座に入金すると運用が開始しました。口座開設時の初期投資額は最低1万円からとなっていましたが、私は5万円を設定しました。また、毎月の積立額は1万円に設定しました。

4月に運用開始して、6月3日時点では元本が「70,000円」に対して「71,808円」と「1,808円」のプラスとなっています。

少しずつですが順調に資産が増えています。THEO+docomoには今後の運用益に期待すると共に、資産運用について興味を持ち出したので、今後も様々な資産運用について勉強・発信していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました